税理士になるために

税理士

■税理士試験

税理士試験とは、税理士となるのに必要な学識及びその応用能力を有するかどうかを判定することを目的として国税審議会が行う試験での事です。

 

・概要

次のいずれか一つに該当する者は、税理士となる資格を有する。ただし、第1号又は第2号については、租税に関する事務又は会計に関する事務で政令で定めるものに従事した期間が通算して2年以上あることを必要となります(税理士法3条1項)。

1、税理士試験に合格した者
2、第6条に定める試験科目の全部について、第7条又は第8条の規定により税理士試験を免除された者
3、弁護士(弁護士となる資格を有する者を含む。)
4、公認会計士(公認会計士となる資格を有する者を含む。)

 

・日程

例年、年一回、8月第二週の火、水、木に札幌市、仙台市、埼玉県、東京都、名古屋市、金沢市、大阪府、広島市、高松市、福岡県、熊本市、那覇市で行われます。

 

・合格基準

合格発表は例年12月。合格は各科目60点以上だが、例年受験者の10〜20%(科目により差がある)が科目合格していることから、実質的に競争試験と考えられます。合格すると通知書が送付されるほか、登録に必要な科目全てに合格すると、合格発表の日の官報に公示されます。

税理士試験の特徴として科目合格制がある。合格した科目は税理士となるまで有効となる。5科目取得まで長期間を要するが、科目合格が消滅しない点から、働きながら受験する者が多いのが他の国家資格と異なる点です。

 

■免状制度

学位取得による免除

受験者のうち、修士または博士の学位を持つ者は、条件を満たせば試験の一部が免除されます。
2002年(平成14年)3月までに大学院へ進学した者のうち、商学の学位(修士または博士)を持つ者は会計系の科目(簿記論、財務諸表論)の試験が免除され、法学、または経済学のうち財政学の学位(修士または博士)を持つ者は税法系の科目(選択必修及び選択科目)の試験が免除されていました。

しかし2002年(平成14年)4月1日以降に大学院へ進学した場合、修士号取得者については、会計系ならば会計に関する修士論文を、税法系ならば税法(租税体系・法人税・所得税・消費税など)に関する修士論文を作成し、かつ、関係する科目1科目を合格することが、免除を受ける要件となりました。つまり、例えば商学の修士号を持っている者は、会計に関する修士論文を作成しており、かつ簿記論又は財務諸表論のどちらかに合格することにより、もう片方が免除されるのであります。

なお、論文審査があるため、修士論文を作成していない者や、税理士試験と関係のない研究をした者は、たとえ修士号を取得しても試験は免除されません。
また、博士号取得者については、会計学に関する研究により学位を取得した者は会計系の科目2科目が、税法に関する研究により学位を取得した者は税法系の科目3科目が、それぞれ免除されるようになりました。

 

・国税従事者の免除制度

23年以上税務署に勤務し、指定研修を受けた国税従事者(いわゆる税務署OB)(税理士法8条1項4号乃至10号、同条2項)

 

■指定研修

指定研修とは、税理士法に定める研修であり、修了することで試験科目の免除が受けられるようになります。 現在、指定研修は、税務大学校での本科研修、専科研修があります。

専科研修は、国税専門官が受講する研修です。

Valuable information

十分な治療結果を得ることが不可能な症状に対しての外科矯正治療方法などの説明もおこなっております。

外科矯正

煙を吸う時代から、香り漂う蒸気を吸う時代へ。

Vape

お好みのデザインからお選びください。

ロゴ 作成

ラインも綺麗なダンス衣装の販売

ダンス衣装の通販

おしゃれなアイテムを多数ご用意!

メンズ セレクトショップ 通販

最終更新日:2014/12/18

 

コピーライト